DILA ディラ国際語学アカデミー

四ツ谷駅徒歩3分

0332642131

DILAの語学教育コラム

VOL.9

DILA’s HOT NEWS 2019年10月 桂三輝

2019.10.2

本日は、我々の古くからの友人であり、外国人落語家として世界に羽ばたき、活躍中の桂 三輝(かつら さんしゃいん)さんの話題です。

桂三輝と聞けば、お分かりになる方も多いことでしょう。先日は、大阪万博のPR動画、セレモニーの司会などをつとめ、ネット、テレビ、新聞などのメディアで目にした方もいらっしゃることでしょう。

初めてという方のために彼のプロフィールを書きますね。(https://www.rakugo.website/ から抜粋、編集)

★★★★★

カナダ・トロント出身の上方落語家。

1999年、能や歌舞伎といった日本の伝統芸能の研究のため来日。その後、惚れ込んだ落語の世界を目指し、2008年9月に桂三枝(現・文枝)に弟子入り、2009年に“三輝”の名を受ける。上方落語では初、また400年にわたる落語の長き歴史の中で100年ぶりとなる外国人落語家となる。英語、フランス語を駆使したワールドツアー公演を独自に行い、5年で五大陸15ヵ国を制覇。世界に向け日本文化の発信を続けている。

2017年には演劇の聖地、ロンドンのウエストエンド(Leicester Square Theatre)、ニューヨークのオフブロードウェイ(SoHo Playhouse)にて落語ロングラン公演を行う。在カナダ文化大使、日本とスロヴェニア共和国の親善大使も務めるなど、日本と世界を舞台とし幅広く活動中。

この9月からは再度、ニューヨーク・オフブロードウェイ(New World Stages)にてロングラン公演中。

★★★★★

と、これをお読みいただければ、外国人である彼が、どれだけ日本・日本文化を愛し、どれだけ情熱を持って、落語という日本の伝統エンターテイメントを世界に広めていこうとされているか、感じて頂けることと思います。文化も習慣も言葉も異なる世界で、師匠に弟子入りし、落語家になり活躍するとは、人並み外れた情熱と努力、苦労を重ねて今に至っていることは間違いないことでしょう。

そんな彼ですが、実は、1999年に来日した際、成田空港に降り立ちその足で弊社DILAに来まして、それから約6年間にわたりDILAの英語講師として大いに活躍してくれた方なんです。それは、それは、大人気の講師でした。落語の世界に足を踏み入れ始めたころには、DILAでも着物を着て英語の授業を行うなど、彼とは楽しい思い出ばかりです。

桂三輝の名を受けてからも、弊社の新年パーティーで一席披露してくれたりと、長きに亘り、良き友としてお付き合いさせて頂いています。

去る9月11日(水)には、六本木ヒルズで開催された「ニューヨーク落語ロングラン公演直前 桂三輝特別イベント」にスタッフ2名(理事長 佐藤と私)で参加してきました。いつもと変わらず、大きな笑いに包まれ、楽しく幸せな時間を過ごすことができました。DILA理事長の名前は「佐藤 桂」と言うことで、桂 三輝さんと名前の「桂」一文字をシェアしていることにも何かのご縁を感じます。

彼こそ、言語学習にとって、切っても切れない要素である「異文化理解」を体現している逸材であり、是非とも皆さんに紹介したいと思った次第です。

ニューヨークで始まった彼のロングラン公演ですが、大盛況とのこと。10/1のThe New York TimesにReviewが載っていました。

“Review: ‘Katsura Sunshine’s Rakugo’ Offers Stand-Up Comedy Without the Standing Mr. Sunshine is one of the rare Westerners to become a master of the centuries-old Japanese comic storytelling form. ”

https://www.nytimes.com/2019/10/01/theater/review-katsura-sunshines-rakugo.html?fbclid=IwAR0IlPG3qle9UErHPP2b3_AXJSSCvNQEAXXVWnJRWUy_sFcXfIyGmyqkS5g

皆さんもアメリカ・ニューヨークに行く機会があれば、ぜひオフブロードウェイで「桂三輝」の”RAKUGO”を観ては如何でしょうか。

彼のNYCでのロングランの成功、そして、今後のますますのご活躍を願っています!

<参考URL>

https://www.rakugo.website/

https://www.facebook.com/KatsuraSunshine/

投稿者:

スタッフ A

タグ: